日田彦山線は北部九州の「あったか」で「スロー」なローカル線です

日田市

 日田市は周囲を1000m級の山々に囲まれた盆地で、大小いくつもの河川が流れ込み、三隈川となって九州最大の河川筑後川の上流部を形成しています。

 そのため日田市は山紫水明「水郷(すいきょう)ひた」として広く親しまれています。歴史的には、安土桃山時代に豊臣秀吉の直轄地として栄え、その後江戸期には天領として九州の政治・経済の中心的役割を果たし、それと同時に独自の町人文化が華ひらきました。

 その頃の名残りとして、今でも歴史を伝える街並みや緑豊かな自然に恵まれ、奥行きのある景観をつくり出しています。

 また、平成17年3月22日には、日田郡の前津江村、中津江村、上津江村、大山町及び天瀬町と合併しました。

自治体の花
アヤメ
自治体の木
さざんか
特産品
鮎・梅・梅干・しいたけ・お茶・梨・白菜・スイカ・ハーブ・バラ・ゆず・わさび・乳製品・日本酒・焼酎・醤油・杉・小鹿田焼・木製家具製品・竹工芸品・日田げた
詳しくは・・・
日田市企画振興部地域振興課
〒877-8601
大分県日田市田島2丁目6-1
電話:0973-22-8356
FAX:0973-22-8324
日田市公式サイトへ >>

日田市のみどころ

【歴史(とき)を楽しむ】

日田には数百年の歳月を積み重ねた歴史的文化遺産が数多く残されています。遥かな歴史を感じてください。

○ 中世の日田

中世の日田は平安時代後期から約600年にわたり領主大蔵氏に治められました。この間に大蔵氏は慈眼山永興寺(じげんざん ようこうじ)や岳林寺(がくりんじ)を造営し、華やかな文化が華開きました。慈眼山永興寺は、十一面観音立像などの国指定重要文化財が安置されている由緒あるお寺です。また日田神社は「相撲の神様」として日田殿(ひたどん)こと46代大蔵永季(ながすえ)が祭られ、今なお崇拝されています。

○ 近世の日田

日田には江戸時代に幕府の西国筋郡代の役所が置かれ、九州随一といわれるほどの繁栄を極めました。豆田(まめだ)町・隈(くま)町では掛屋を中心とする豪商たちが活躍し、現在も当時の面影を見ることができます。町人文化が花開いた日田の旧家には、豪華絢爛なひな人形やひな道具の数々が今も残され、毎年春には多くの観光客が訪れるおひなまつりが開催されます。
豆田の町並みは、近世後期の町人・商人町の繁栄を色濃く残す貴重な地区として、平成16年に重要伝統的建造物群保存地区に選定されています。
また、教聖・廣瀬淡窓が開いた当時の日本最大の私塾である咸宜園(国史跡)があります。この咸宜園には5,000人もの門下生が学び、出身者には高野長英や大村益次郎、清浦奎吾、上野彦馬、長三州など幕末から明治時代にかけて活躍した人物が多くいます。

【自然を楽しむ】

1000m級の津江山系等の源流から注ぐ水は、森林を育み、三隈川となり、筑紫次郎の名を持つ九州最大の河川筑後川の上流部を形成しています。温泉や雄大な山川など自然が豊富で、またそれらを利用したさまざまな産業で賑わっています。

○ 温泉

おおよそ1300年前に開湯されたと伝えられる天瀬温泉や400年の歴史のある鵜飼いが楽しめる日田温泉があります。天瀬温泉は阿蘇火山系の単純硫黄泉で、共同露天風呂もあり、また日田温泉では屋形船で船遊びが楽しめます。

○ 自然を体験

特産の果物などの加工体験、グリーン・ツーリズム、キャンプ、陶芸など豊富なメニューから選ぶことができます。雄大な自然を楽しんでください。

○豆田地区(日田市豆田)

電話番号:

(一社)日田市観光協会 0973-22-2036
日田温泉旅館組合 0973-22-2062
日田市観光課 0973-22-8210

最寄り駅日田駅

最寄り駅からの乗車バス停など:
・日田バスセンター(JR日田駅から徒歩1分)
  市内循環バスひたはしり号(Dコース)乗車
・豆田地区各停留所で降車

駅からの移動時間目安:
・路線バス(10分) ・タクシー(7~8分)
・徒歩(20分)

1. 廣瀬資料館


幕末の儒学者廣瀬淡窓の生家。廣瀬家は掛屋などを営む江戸時代の豪商で、蔵の一部を資料館とし、ゆかりの書画や生活用具、ひな人形などを展示している。

入場料:大人450円 小中高生350円
電話:0973-22-6171

2. 天領日田資料館

天領(幕府直轄地)として、江戸や上方、長崎と深く交流し、栄華を極めた町人文化をテーマに、当時の書画や古文書などを多数展示する。

営業時間:9:00~17:00
定休日:水曜(祝日の場合は翌日)
入場料:大人310円 小中高生210円
電話:0973-24-6517

3. 市山亭懐古館

廣瀬淡窓や森鴎外など多くの文人墨客に愛された日田随一の料亭跡。歴代当主が収集した陶磁器や漆器、書画などのコレクションは興趣にあふれ、往時の栄華を伝えてくれる。

営業時間:10:00~16:00
定休日:木曜、年末年始
入場料:大人350円 中高生250円
電話:0973-22-5467

4. 日本丸館

15代当主昭太郎が製造した万能薬「日本丸」は、明治・大正・昭和と日本全国で愛用された。現在は、薬関係の資料とともに木造3階建ての展望楼、広間などを公開。

営業時間:10:00~16:00(公開期間:2 月15 日~5 月、9~11 月)
入場料:大人350円 小中高生250円
電話:0973-23-6101

5. 草野家住宅(国指定重要文化財)

約300年の歴史を持つ大分県最古の商屋。春には、江戸から明治までの178体の雛人形を展示、他にも端午の節句、祇園祭り、天領まつりの年4回公開される。

営業時間:10:00~17:00(年4 回公開)
定休日:木曜(ひなまつり・祇園祭時は無休)
入場料:おひなまつり期間 大人550円 中高生250円
    それ以外の公開 大人500円 中高生250円
電話:0973-24-4110

6. クンチョウ酒資料館

現存する江戸時代の酒蔵を開放し、酒造りの道具やかっての風俗を語る絵や写真を展示。飲食コーナーも人気がある。

営業時間:9:00~16:00
定休日:盆、正月休
入場料:無料
電話:0973-22-3121

7. 咸宜園(国指定史跡)、咸宜園教育研究センター

文化14年(1817)、廣瀬淡窓が開いた私塾。身分に関係なく広く門戸を開き、高野長英や大村益次郎など淡窓が没するまでの50年間に約3000人の門弟を教育した。

営業時間:10:00~16:00
休園日:年末年始

入場料:無料
電話:0973-22-0268

また、咸宜園教育研究センターは、咸宜園や廣瀬淡窓、門下生等に関する調査研究を行う施設として、平成22年10月2日、史跡咸宜園跡の隣接地に開館した。

開館時間:午前9時~午後5時(入館は午後4時30分まで)

休館日:毎週水曜日(祝日の場合はその翌日)、12月29日~1月3日
入館料: 無料
※ただし、研修室を優先利用される場合は有料です。(利用時間は3時間まで)

トイレ: 身体障がい者対応及びオストメイト対応トイレ有り

駐車場: 一般用10台(バスをご利用の方は事前の予約をお願いします)

○隈の町並み

電話番号:

(一社)日田市観光協会 0973-22-2036
日田温泉旅館組合 0973-22-2062
日田市観光課 0973-22-8210

最寄り駅日田駅

最寄り駅からの乗車バス停など:
・日田バスセンター(JR日田駅から徒歩1分)
  市内循環バス Cコース
・隈地区各停留所で降車

駅からの移動時間目安:
・路線バス(5~10分) ・タクシー(5~10分)
・徒歩(20分)

1. 亀山公園

樹齢数百年の古木が繁る三隈川の中洲、日の隈山を中心とする公園。このあたりから三隈大橋にかけてはゆったりと川幅も広く、四季折々の景観が楽しめ、川畔の散歩は時を忘れさせてくれる。

2. 日田温泉

三隈川沿いに、いくつもの旅館やホテルが立ち並び、風情漂う温泉街を形成。三隈川名物の屋形船での夕食や鵜飼いの申込は、各宿で受け付けている。

3. 日田祇園山鉾会館


高さ8mの飾り山鉾、高さ10mを越える平成山鉾など、祇園祭を彩る絢爛豪華な山鉾が展示されている。

開館時間:9:00~17:00
定休日:水曜(祝日の場合は翌日)、年末年始
入場料:大人310円 小中高生210円
電話:0973-24-6453

4. 日田鮎やな場

水郷日田の夏の風物詩。とれたての鮎の塩焼きや背ごし、日田名物の鰻の湯引きなどを、河川敷のやな場の野趣に富んだ雰囲気で楽しめる。

営業時間:7 月中旬~11 月上旬 11:00~21:00
電話:0973-24-0420

5. ひた押し花美術館 黎明館(れいめいかん)

大正5年に立てられた洋風建築の大分銀行支店を改築。1階は「ひた押し花美術館」となっていて簡単な体験もでき、2階は会議室やギャラリーとして利用できる。

営業時間:9:00~17:00
定休日:水曜日・お盆・年末年始
電話:0973-25-5060

6. 小鹿田古陶館

1階には素朴な味わいをもつ小鹿田焼の古陶の数々、2階には絣と染めの古布が展示されている。

営業時間:9:00~17:00
定休日:年末年始
入場料:大人350円 中高生200円
電話:0973-24-4076

7. むらくもの松(八坂神社)

樹齢300年以上といわれ、今もなお樹勢を保つ老松。全長35m、悠々と横たうようである。

○小鹿田焼の里(大分県日田市大字小野 皿山地区)

電話番号:

(一社)日田市観光協会 0973-22-2036
日田市観光課 0973-22-8210

最寄り駅日田駅

最寄り駅からの乗車バス停など:
・日田バスセンター(JR日田駅から徒歩1分)
  小野・小鹿田方面行き
・皿山バス停で降車

駅からの移動時間目安:
・路線バス(40分) ・タクシー(30分)

1. 小鹿田焼窯元

18世紀初頭にこの地に開窯。水力を使い陶土をつく唐臼の音と豊かな水音だけが響く静かな焼物の里。昭和29年にバナード・リーチが称賛したことで、その名を広く世界に広めた。1970年には国の重要無形文化財に指定された。唐臼の音は「残したい日本の音風景100選」に選ばれる。

現在は、世襲制による10件の窯元が、昔ながらの手法(刷け目、飛びかんな)で、素朴で味わい深い作品を作っている。

2. ことといの里

小野川の水流を利用した河川プールや木登り広場、木立の遊歩道など、元気な声がいっぱい。「言問い(こととい)」とは人と自然がもっと語り合おうという意味。

営業時間:9:00~17:00
入場料:無料
電話:0973-29-2005

○サッポロビール九州日田工場(大分県日田市大字高瀬6979)

■ホームページ

電話番号:
  工場見学       0973-25-1100
  日田の森のビール園  0973-25-1234
  物産館 森の風    0973-22-3117

駅からの移動時間目安: ・タクシー(15分)

1. サッポロビール九州日田工場

日田の上質な水と豊かな緑から生まれる「森のビール」。 ビール造りの工程や歴史を紹介するウェルカムホール、出来立てのビールが試飲できる工場見学が人気。

見学受付時間:平日 9:45~16:00 土・日・祝日 8:45~16:00(所要時間約1時間)
見学休止日:1 月・12 月の毎週水曜日、年末年始(12 月24 日~1 月4 日)
連絡先:0973-25-1100

2. 日田森のビール園

日田市内を一望しながら、新鮮な出来立てビールと一緒に食べる料理は最高。

営業時間:10:00~22:00
店休日:12月31日 、 1月1日
連絡先:0973-25-1234

3. 物産館 森の風

日田地域の手作り感あふれる食品や工芸品など1000種類以上取り揃えています。

営業時間:9:00~17:30
店休日:年末年始
連絡先:0973-22-3117

○いいちこ日田蒸留所

本格焼酎の製造から貯蔵までをご覧頂ことができます。所内の自然の中を散策したり、試飲ショップでテイスティングをお楽しみできます。

電話番号:  0973-25-5600
営業時間:10:00~16:00
定休日:火曜日(祝日の場合は営業)、お盆、年末年始

○清渓文庫(大分県日田市大字大肥)

電話番号:
  0973-28-2213
  
最寄り駅大鶴駅

駅からの移動時間目安:
・タクシー(3分) ・徒歩(5分)

【施設情報】

大正・昭和と日銀総裁、大蔵大臣を歴任、金解禁を成し遂げた後に暗殺された井上準之助の遺品を展示。生家は清酒「角の井」醸造元。

開設時間:10:00~17:00(公開時期=3~5月、9~11月)
入場料 :大人300円
定休日:火曜日

○日田玖珠地域産業振興センター(大分県日田市三本松)

■ホームページ

電話番号:
  0973-22-3115
  
最寄り駅日田駅

最寄り駅からの乗車バス停:
・日田バスセンター(JR日田駅から徒歩1分)
  市内循環バス ひたはしり号乗車
・商工会議所前バス停で降車

駅からの移動時間目安:
・タクシー(5分) ・徒歩(10分)

【施設情報】

日田・玖珠地域の伝統工芸品、土産物の品ぞろえは豊富。家具製品をはじめとする木工製品、日田下駄、小鹿田焼、地酒、乾物などをいっせいに展示即売する。正面入口に飾っている長さ4m、幅1.8m、重さ約300kgのジャンボ下駄は、訪れる人の目を驚かせている。

開設時間:9:00~17:45 年末年始休

○天瀬地区

(1)天ヶ瀬温泉

玖珠川沿いに広がる静かな温泉街は、朝は渓谷から湯けむりが上がり、美しい自然と豊かな温泉に恵まれた温泉街です。

問合せ先:日田市観光協会天瀬支部
電話番号:0973-57-2166
最寄りの駅:JR天瀬駅

(2)ローズヒルあまがせ

【施設情報】

五馬高原の広々とした、豊かな大自然の中で育ったバラの花を見ながらゆったりと過ごせるローズガーデン。隣接した貸し農園・クラインガルテンでは、ログハウスに泊まることもでき、マイペースな農作業を充分に楽しめます。

営業時間:9:00~17:00
休 日:火曜・年末年始
入園料:大人(高校生以上)300円、子ども(小・中学生)100円
電話番号:0973-57-8187
交通機関:高塚・天瀬ICより自家用車で15分

○大山地区

(1)豊後・大山ひびきの郷

高台に位置するひびきの郷では、温泉、体験、お食事、宿泊とお楽しみがいっぱい。ハーブ、きのこ類、川魚など、大山の特産を使った滋味あふれる料理の品々や木のぬくもりが感じられる宿では癒しのひとときが満喫されます。

営業時間:(レストラン)[土・日・祝]11:00〜21:00 [平日]11:00〜20:30
     (温   泉)10:00〜22:00
休  日:年中無休
入浴料 :大人600円、子ども300円(6歳未満無料)
電話番号:0973-52-3000

(2)道の駅・水辺の郷おおやま

【施設情報】

スローフードが満喫できる休憩スポット。地元素材をふんだんに使用したバイキング方式のレストランでは、お好みのメニューを選んでゆっくりと食を楽しむことができます。特産品も豊富にあり、中でも大山町名産の梅の加工品は一押しです。

営業時間:(平日)9:00〜17:00
     (土日・祝祭日)9:00~17:30
休  日:年中無休
電話番号:0973-52-3630

(3)木の花ガルテン

【施設情報】

大分大山町農協が直営する農産物販売所や農家レストラン。特に地元で採れた旬の新鮮野菜を中心とした素朴な家庭料理の「バイキングレストラン」が人気です。旬の食材を使った70〜80種類の農家もてなし料理が楽しめます。

営業時間:(農産物バザール館)8:00〜18:00
     (レストラン)11:00〜21:00
休  日:年中無休
電話番号:0973-52-3530

○前津江地区

(1)椿ヶ鼻ハイランドパーク

標高約950mの高原にたたずむ、前津江随一のアミューズメントパーク。ローラースケートやアスレチック、草そりやパットゴルフなどがあり、オートキャンプ場やコテージなどの宿泊施設に加え、準天然温泉「風の湯」で、自然満喫後の汗を流すのも最高です。また、レストランでは、ボリュームのある豊後牛をお腹いっぱい味わえます。釈迦岳や御前岳、渡神岳への登山基地としても最適です。 キャンプサイトでオートキャンプはもちろん、手軽に自然を満喫できる宿泊施設もございます。登山やアスレチックで自然とふれあい、その後に準天然温泉でさっぱり。椿ヶ鼻ハイランドパークは、日帰りでも楽しめます。

営業時間:9:00〜17:00
休  日:12 月~3 月中旬
電話番号:0973-53-2358

○中津江地区

(1)鯛生スポーツセンター

2002年のサッカーワールドカップで、カメルーンチームが滞在したことで有名になったスポーツ施設です。広々としたグラウンドや体育館・プール・アーチェリー場・マウンテンバイクコースなど各種施設が充実しており、学校、企業、サークルなど、誰でも気軽に利用できます。

利用料金:宿泊料金:大人2,100円 / 高校生1,575円 / 中学生1,365円 /
     小学生1,050円 /食事 朝食378円・昼食598円・夕食651円
休  日:なし
電話番号:0973-56-5016

(2)鯛生金山

【施設情報】

東洋一の金の産出量を誇った旧坑道探検が楽しめます。見学コースは800mで40分程度。坑内見学のほか、黄金の夢が広がるゴールドハンティング(砂金掘り)や、草木染めやこんにゃくづくりなど、様々な体験メニューも楽しめます。

営業時間:9:00〜17:00
休  日:1月1日
入坑料:大人1,000 円(70 歳以上700 円)
    中高生 800 円
    小学生 500 円
体験料金:砂金掘り:1回30分600円(小学生以上)(団体20名から、550円)
電話番号:0973-56-5316

○上津江地区

(1)オートポリス

九州唯一の国際公認コースを有するオートポリスは、雄大な自然に抱かれ多くのモータースポーツファンから親しまれています。国内最高峰のGT選手権や全日本ロードレース選手権等が開催されています。また、年3回開催されますママチャリ耐久レースは、九州内外からの参加者が多く、回を増すごとに参加者が増えてきています。

営業時間:9:00 から17:30
料金 :通常高校生以上 300 円
   (但し、イベント時は別料金となります)
問合せ :株式会社オートポリス
    電話番号:0973-55-1111

(2)上津江フィッシングパーク

【施設情報】

美しい自然に包まれて清らかな流れに釣り糸をたらすひとときは、心も体もリフレッシュできます。また、キャビンやコテージも完備し、長期滞在の休暇もお楽しみできます。

営業時間:4月~9月 8:30〜17:30、10月~3月 8:30~17:00
入園料:100円(小学生以下無料)
電話番号:0973-55-2003

○コミュニテイバスの紹介

市内循環バス ひたはしり号

ひたはしり号

日田駅前の日田バスセンターを中心に4つの路線を運行している市内循環バスです。1人1回140円から200円です。毎日運行しています。

問合せ先:日田バスセンター 0973-22-7681 
詳細は http://www.city.hita.oita.jp/chiiki/page_00030.html でご覧になれます。

花バス

JR天ケ瀬駅を起点とし観光地を周遊するレトロ調の観光バスです。季節ごとに違ったコースを楽しめます。

問い合せ先:日田市観光協会・天瀬支部
電話番号:0973-57-2166
料  金:中学生以上500円/小学生以下 無料