日田彦山線は北部九州の「あったか」で「スロー」なローカル線です

夜明駅

所在地

大分県日田市夜明明中町

開業

昭和7年3月12日

マル得情報
  • 「よあけ」の駅名で鉄道ファンや旅行者に人気の駅です。
  • 駅舎横に夜明の鐘が設置されています。これは、昭和30年代まで地元の小学校で始業のチャイムとして使用されていたものを地域振興のシンボルとして夜明振興協議会が設置したもので、日田杉を使用し、大分県特産の“椎茸”をイメージしたデザインとなっています。鐘は自由に鳴らすことができます。

特徴

  • 単式ホーム(1面1線)と島式ホーム(1面2線)の2面3線を有する地上駅です。
  • 日田彦山線と久大本線が合流する駅で、駅舎は改築されています。
  • 駅名は、開設当時に存在していた日田郡夜明村(昭和30年に日田市に編入)にちなんで付けられた名前で、映画や歌にも登場する知名度の高い駅です。
  • 無人駅です。【SUGOCA利用不可】

駅からのアクセス

  • 駅舎から階段を下りたところに、日田バスが運行する「夜明駅」バス停があります。